So-net無料ブログ作成

アクションプラン(とかいうもの) [Diary]

多くの人が内心気づいてると思うんだけど、個人がアクションプラン(とかいうもの)を立てて、ステッブを追って実行することに、本当に意味があるんだろうか。

考えてみれば、今まで自分が少しでも達成したと思うことは、プランなんか立ててないし、ステップも踏んでない。ぜんぶ「結果的に」やってしまったことだ。

逆にプランを立ててやろうとしたことは、うまくいった試しがない。できるときは、プランをはるかに超えて先までできちゃうし、できないときはどれだけプランを立てたところで、その通りにはならない。いずれにしてもプランは役に立たない。

うまくいったり、身についたりしたことって、結局欲望に任せてひたすらやったようなことだ。なぜかわかんないけど、やりたいとか。ついついやってしまう、とか。気がついたらやっていた、とか。そういうことの方が、よりその人の本質に近いし、だから力が発揮されるのは当たり前だ。そしてロジックやタイムテーブルにはのらない。

プランを立てて、ステップごとに行動しようとすることは、事前にアウトラインを作ってから文章を書くことにすごく似ている。つまり、幻想だという意味で。

アウトラインを作ってその通りに書こうとしてもその通りにはならない。アウトラインに縛られて書けなくなるか、逆に筆が走ってアウトラインが破綻するか、そのどっちかだ(もちろん、アウトライナーを使えば別だ)。

事前にアウトラインが作れるくらいなら、最初から本文が書けるし、何かを達成するためのステップが考えられるくらいなら、最初から達成できることが決まっていることになる。
タグ:プラン
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0