So-net無料ブログ作成

内側の人と外側の人 [Thoughts]

私見。
人間は二つのタイプに分けられる。

A. 集団の内側に立つ人
B. 集団の外側に立つ人

AとBはあまりにも異なるので、両者の間の接点を見いだすことは困難。でも問題は両者が異なることそのものではなくて、両者が異なることを意識しているのがBだけだということだ。少なくともそんなふうに思える。

ギャグにみるAとBの見分け方。

例1)
クラスに転校生がやってきたとき
クラスメートを笑わそうとするのがA
転校生を笑わそうとするのがB

例2)
日本人の仲間といるところに外国人がやってきたとき
仲間を笑わそうとするのがA
外国人を笑わそうとするのがB

個人的にはBの人により共感する。

今テレビに出ている〈芸人〉と呼ばれる人たちの多くが個人的に受けつけないのは、彼らのギャグのほとんどがAの性質しか持ってないように思えるからだ。
タグ:ギャグ 集団
コメント(2)  トラックバック(0) 

コメント 2

ピョートル

なるへそー
個人的にはオサレな笑いを日々目指しているのですが、、
ひとを笑うような笑いが蔓延しているような気がします。
昔は「もみじまんじゅう」で笑うことができたのに、
今はそれではだめだとしたらなぜなんだろうなんて
ことを思ったり思わなかったり、、
いや、思うんですけどね。
なんの毒にもならない笑いカムバーック!



by ピョートル (2010-02-14 14:17) 

Tak

ピョートルさん>
ロシア化しましたね。
「もみじまんじゅう」って何ですか??
と思った私が妻に尋ねたところ、
YouTubeで動画を探し出してくれました。
なるほど・・。
「何の毒にもならない笑いは、それ自体が毒である」
by Tak (2010-02-15 01:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。