So-net無料ブログ作成

iMandalArtがようやく完成する? [マンダラート]

このブログにはじめて来られる方の検索ワードの上位を常に占めているのが「マンダラート」です(マンダラートについてわからない方は、まずはマンダラートのサイトを参照)。

カテゴリーの中にもちゃんと「マンダラート」というのがあるし、ということはマンダラートについてたくさん書く心づもりがあったということなんだけど、実際にはほとんど書いていません。情報を求めてこられた方はがっかりしてるかもしれない(笑)。

書かなかったのにはもちろん理由があって、ひとつはマンダラートについて書くことはアウトライナー以上に難しいということ、そして現在のマンダラートの主流であるiPhone版iMandalArtに不満があったからです。

不満というのは、もちろん階層を越えたセルのコピーができないということです。

ユーザーでない方にはわかりにくいと思うけど、iMandalArtのセルには「フォルダセル」「ファイルセル」「普通のセル」の3種類があり、これまでのiMandalArtでは、フォルダセルはフォルダセル同士、ファイルセルはファイルセル同士でしかコピー/ペーストができなかったのです。

そもそもセルに序列、あるいは種別があるということ自体が、本来のマンダラートからすればあり得ないのではないかと思う。

それはアウトライナーでたとえれば、レベル1の項目はレベル1同士でしか、レベル2の項目はレベル2同士でしか移動ができないようなものです。

今のiMandalArtを使っていると、「考えるための道具」でありながら要所要所でその制限にぶつかって、頭の動きがブロックされてしまう。何かを考えているときに、セルの種類なんて意識したくないのです。

そして、iMandalArtを使いこなせないという人の多くの原因て、実はそこにあるんじゃないかと思うのですが。

今泉先生がそのことを意識されていないはずはないと思うので、あくまでも開発上の問題だと思うんだけど(なにしろ、去年の銀座アップルストアでのイベントでも、マンダラートの機能の実装はものすごく難しいという話だったし)。

そもそもセルに序列が登場したのは、Get-Manda-Laという概念が導入されたPalm版マンダラートver.2からですが(Palm版にはフォルダセルはないけど)、それ以前はマンダラートのセルはどのセルからどのセルにでも自由に移動できるしコピーもできる、全てのセルがパーツにもなるしフレームにもなる、本当に自由なものでした。今でもぼくはPalm版Ver.1が最高のマンダラートだったと思っています。

と、ながながと批判してしまいましたが、その制限が次のパージョンでようやく解消されるとのこと。

iMandalArt開発チームのブログMandal-Art Devには、以下のようにあります。
今回のアップデートは、セルの階層間コピーを可能にしました。
これまで、フォルダセル、ファイルセル、セルと同一階層しかコピー&ペーストは出来ませんでしたが、 これで階層を超えたセルの移動が自由になりました。

書いてる途中で、セル移動に制限があった為に、うまく考えをまとめる事が出来ないというユーザーの方々からの声も多く頂いていました。 でも、これで全て解決です。 お待たせしました。

やっぱり同じように考えてる人、多かったんだな。
これで、はじめてiMandalArtが本当に意味で完成するかもしれない、と期待しています。

早ければ今週中くらいにはダウンロード可能になるのかな?
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。