So-net無料ブログ作成

サンフランシスコの大人たち '70s [Thoughts]

実はもうずいぶん長い間日本から出たことがない。最後が95年のことだから、もう15年も前(つまり、社会人になってからほとんど日本から出ていないということだね)。

でもここのところ、サンフランシスコを今の目でもう一度見てみたいという気持ちがすごく強くなっている。サンフランシスコに住んでたのは1975年から79年の間。日本の学年でいうと一年生から五年生の間だけど、そのサンフランシスコを大人になった今の視点でもう一度見てみたい、という気持ち。

サンフランシスコ、いいところです。

そもそも自分の好きな街のイメージを形容すると「港があって起伏があって公共交通機関が発達しているそんなに大きすぎない街」なんだけど、これってまさにサンフランシスコそのものだ。

気候も素敵。平均最高気温は月によって18°C から21°C 、平均最低気温は月によって11°C から13°C(ウィキペディア「サンフランシスコ」より)。年間を通じて暑すぎたり寒すぎたりということがほとんどない。

それから、他の場所では認められないものの存在を許してくれるところ。だからサンフランシスコは移民が多いし、ゲイやヒッピーの街でもある。「外国人」として5年弱過ごしただけなのに、まるで生まれ故郷みたいな気がするのは、そういう気風があったからかもしれない。

いいところです。

でもそれだけじゃなく、もし子供の頃サンフランシスコという場所に住んでなかったら、今いる自分とは全く違う人間になっていたんじゃないかという気がする。

下世話なレベルでは、もし英語ができなかったらそもそも自分は大学には入れなかった可能性が高い(そもそも高校進学さえ危ぶまれたんだから)というのがあるんだけど、話はもっと深くて。

住んでいたのはサンセット地区という、観光ではまず行かない場所だけど、白人から黒人、ヒスパニック、中国系へと住民構成が急激に入れ替わり始めていた当時のサンセット地区で暮らしたことが、自分の中の深いところに影響しているような気がする。

通っていた公立小学校では先生も生徒も白人は少数派で、友だちの中で白人はひとりしかいなかったし、そのせいか人種差別的な、あるいは異文化に対する不寛容さを感じることはほとんどなかった。だからこそ、子どもの間でそのような言動があったことが発覚したときに、教師たちが示した怒りや失望は、本物だった。

アメリカはそういう場所ではない。二度とそのような振る舞いをするな。その言葉の強さに圧倒されたことが何度かある。

教師だけじゃなくて、いろんな大人たちが、それぞれの思う理想のアメリカを子どもに向かって語ってたような印象がある。

隣に住んでいたアル中のおじいさんは、バーボン片手にカウボーイの投げ縄の投げ方を教えてくれながら「こいつがアメリカの魂なんだぜ……」と言った。

そのおじいさんが亡くなった後、隣に移り住んできた沖縄帰りの若者三人組は、大音量でイーグルスをかけながら「素晴らしいと思わないか? 世界中の人がこういう素晴らしい音楽を聴くべきなんだ。そうしたら、戦争する必要なんかなくなるんだ」と言った。

学校の社会科見学みたいなもので訪問した消防署のパットという消防士は、ぼくが友だちと二人で後からノコノコ再見学に行ったとき、親切に消防署や消防車を見せてくれた後で、「消防士になりたいか?」ときいた。「なりたい」というと「Brave guy! I'm proud of you!(勇敢な奴だ! 誇りに思うぜ)」といって、サインをくれた(消防士にはならなかったけど)。

今考えるとそういういろんな「理想」の中には、保守的なものからマッチョなものからヒッピー的なものまで、いろんなものがミックスされてたけど、そういうのを全部いっしょくたにして、ぼくはアメリカの理想だと認識していたし、それを栄養にもしていた。

で、青臭いかもしれないけど、彼らがコーランを焼くことを支持する姿を、ぼくはどうしても想像できない。

少なくともぼくは、サンフランシスコで、あるいはサンセットで、イスラムは敵だなんていう言葉を耳にしたことはない。もちろん当時は9.11以前であり、それどころかイラン革命以前であり、イスラムに対するアメリカ人のイメージを今と比較することはできないし、当時の「敵」はイスラムじゃなくコミュニストだったのだろうけど、それでも。

あるいはそういう「理想」の一部こそが、異文化に対する不寛容な姿勢につながってる場合もあることを重々承知してるけれど、それでも。

あるいは広いアメリカの中で、サンフランシスコは少し特殊な場所だし、その印象でアメリカを語ることはできないことわかってるのだけど、それでも。

だから、一度大人になった目で、サンフランシスコの、それもサンセット地区を歩いてみたら、何が見えるんだろうと思う。

今のサンセット地区が、当時と比べてずいぶん荒んだ感じの場所になっているらしいことは、グーグルストリートビューを見てるとひしひしと伝わってくるのだけど、それでも。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0