So-net無料ブログ作成

土地と猫たち [Diary]

なじみの場所でなじみの猫。そこに行けばいつもの猫たちに会えるという場所は貴重。

彼らもいつか消えていくのだけど、たとえ消えてしまっても、その場所を訪れる限り、きっと彼らのことを思い出すことになる。

カメラを向けても日々の営みに専念する姿勢を崩さない「まんきち」。もう何年も前からの知り合い。
IMG_1047.JPG
IMG_1052.JPG

夫の眼前で猫をたらしこもうとする妻。
IMG_1050.JPG

一方で、街で出会う多くの猫たちは、文字通り一期一会。

この間、静岡で会った猫たちをカウントすると、駿府城で二匹の兄弟、清水港で三匹の親子、清水港から新清水駅に向かう道で二匹。模様まで全部覚えてるけど、みんなたぶん、二度と会うことはない。

でもぼくらはその土地のことを思い出すときに、必ず猫もいっしょに思い出す。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0