So-net無料ブログ作成

簡易伝達手段としてではない箇条書き [Thoughts]

「簡単な箇条書きくらいでいいからさ」って人がいうとき、それはきちんとした文章を書いたり整った資料にしたりするのことは大変で(高級で)時間もかかるけど、箇条書きは簡単な事実やアイデアを気軽にラフにいいかげんに列記するもので(低級で)時間もかからないという意味でそう言ってるのだと思う。

でも、本当にポイントか過不足なく列記された、適切で有効な箇条書きを書くのって、実は整った文章を書くのと同じくらい大変なのだということを認識してる人はそんなにいないような気がする。というよりも、個人的には一度整った文章にしてみないと、きちんとした箇条書きは書けない、とさえ言えるかもしれない。

ちなみに、箇条書きを入れ子にしたものを「アウトライン」というのだ。

それとは別に、箇条書きは「ポイントだけ」の単なる簡便伝達手段としてだけではなく、箇条書きであるが故の急激な転移感とか加速感みたいなものを、ひいてはエモーションを表現できるような気がしていて、個人的にすごく可能性を感じるし、愛してもいます。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0