So-net無料ブログ作成

自発的に無目的に考えて話をする [Diary]

いつも新入社員に「一日で終わると思った仕事には必ず二日かかるぞ」とかなんとか言っている理論から言えば、今日は絶対に仕事に行くべきだったのだけど、行かなかった。

そんなことを言ってたらあっという間に休みがなくなるというのもあるけれど、それだけじゃなく、職場からなるべく距離を置いて考えたいことや、気になってることがたくさんあるから。

忙しくて時間がないときに削られるのは無目的に何かをする時間。ということでいえば、職場におけるそれは仕事に直接関係しないことを無目的に考える時間と話す時間。

特に目的もなく、仕事や職場や同僚についてその瞬間に考えていることや思っていることについて考えたり話をしたり、そういう時間がなくなることは、たぶん職場にとって致命的なことだ。

ここのところ心に引っかかっていることがたくさんあって、それはこの間から感じていた(そして原因がわかった)原因不明の怒りのことだったり、ランチを食べながら同僚から言われた共通の上司についての話だったり、自分のやってることに対する違和感(仕事内容にあまり適性がないことは最初からわかってるけど、もっと根本的な問題)だったり。

たぶん、ひとつひとつは些細なことなんだけど、ものすごく重要なことだ。内容そのものよりも、それについて考えて、話をすることが。

なんてことを考えてる会社員の自分に対して、かつて一人で仕事をしていた頃の自分から「ずいぶん甘えん坊になったね」言われそうな気がしたりして。

確かに以前の自分なら、職場のことと個人のことは完全に切り離して割り切ってたと思うけど、今はそうではない。

理由もちゃんとわかっているから、いいんだ。

とにかくもっとちゃんと考えて、話したいことがたくさんある。リーダーシップを持った誰かの主導ではなく(ここ大事)、コミュニケーションとか情報共有とかでもなく(ここも大事)、自発的に無目的に考えて話をすること。

と、自分の理論を無視して仕事に行かず無目的に考え中。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0