So-net無料ブログ作成

どのアウトライナーがいいですか? [アウトライナー]

「はじめてアウトライナー使うならどれがいいですか?」とメールで質問をいただいたのでお答えします。

本館であるRenji Talkでさんざん書いてるんで重複しますが、そもそもこのブログとRenji Talkの関係って、わかりにくいかもしれないし。

アウトライナーと一口に言ってもいろいろなタイプがあります。

画面のレイアウトでいえば、ウィンドウを分割してアウトラインと本文を別々に表示する「2ペイン(ダブルペイン)型」と、全てをひとつのウィンドウの中に表示する「1ペイン(シングルペイン)型」に大別されます。

「1ペイン型」は更に見出しと本文を区別するタイプと、全てをアウトラインとして扱うタイプに分かれます。

80年代に誕生した当初は「1ペイン型」が主流でしたが、現在では「2ペイン型」が多いです。特にWindowsの世界ではそうです。

どれを使うかは好みと目的によりますが、ぼくがお勧めするのは明白に「1ペイン型」の「見出しと本文を分けないで全てをアウトラインとして扱うタイプ」です。

このタイプだけが「本物のアウトライナー」だと個人的には思っています。

現在入手可能なアウトライナーでこれに該当するのはOPAL(マック用)、Omni Outliner(マック用)、Taoとその後継ソフトNeO(マック用)、Sol(Windows用)などです。

Renji Talkやこのブログで紹介している使い方も、これらを使うことを前提にしています(見出しと本文が区別されていると、うまく機能しません)。

ひたすらロジカルな三段論法。
結論に向かって一気に流れるストーリー。
感情を凝縮した一段落。

本物のアウトライナーは、このいずれにも威力を発揮します。真のアウトライナーについて興味のある方は、ディープなRenji Talkのアウトライナー関連コンテンツをどうぞ!
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0