So-net無料ブログ作成

自分のことをする [Thoughts]

去年あたりから「時間を無駄にできない」という感覚がすごく強くて、なんだか時間のことばかり考えてるような気がしてたんだけど、今にして思えば何かの予感だったのか、単に自分の年齢のせいなのか。

「時間は無限ではない」と感じさせられる出来事が立て続けに起きたせいもあるけど、根本的には「本当に大切な(はずの)ことに時間が使えてない」という感覚があるから。それはもちろん「大切でないことに時間を使ってしまっている」という感覚の裏返しでもある。

一回一回の食事につまんないものを食べてしまったり、テレビを見て何かに文句を言いながら過ごしたり、ツイッターのTLを流れていくどうでもいいような意見にいちいち神経をかき乱されてみたり、話したくもない人間と調子を合わせて必要もない話をして過ごしたり、何のためにしてるのか目的のよくわからない仕事をしながら時間を過ごしたり。

そういう、後から振り返ってみても自分の中に何も残っていないような時間が、生活の多くを占めてしまっているという焦りみたいな感覚。

社会の中で普通に生きていれば、そういうのはある程度避けられないことだけど、でもそういう一つ一つが、生きているということに対するリスペクトを欠いた行為だという気がする。だから少しでも減らしていきたいと思う。

口で言うほど簡単なことじゃけど、それでも以前とは時間の使い方がずいぶん変わってきている。少しずつだけど。

で、地震が起きて強く感じたのは、その自分の感覚が間違ってないんだということ。

経験したことのないような災害に対して「何かする」ことももちろん大事だけど、それ以前に、みんなが自分の人生の時間を大切にして「自分のことをする」ことが大事だという気がする。

そうやって日々「自分のこと」をしながら、被災した人々、亡くなった人々のことを思い、被災地で救助や復興のために活動している人々のことを思い、原発で戦う東電や消防や自衛隊の人々のことを思う中で、「何かする」ことが見えてくるはず。

それが生きてて、こうして生活できる人間のするべきことなんじゃないかと。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0