So-net無料ブログ作成

秘伝ブレンドの勝利と大人になること [Diary]

仕事をしながら無性に美味しいコーヒーが飲みたくなって、職場のコーヒーメーカーのコーヒーを飲んでも解消されず一日中コーヒーのことを考えていた。こういうときだけはスタバじゃだめなんだよね。

といっても別にコーヒーにこだわりのある人間では全くなくて、思い浮かべていたのは実は実家のコーヒー。

なぜ実家のコーヒーが美味しいかというと、神保町で喫茶店を営む親戚から秘伝ブレンドを分けてもらっているから(キーコーヒーの標準ブレンドである可能性もあるとにらんでるけど)。

苦み方向にも酸味方向にもどこにも突出感のない(誉め言葉)味が大好きで、実家に行ってたまにこの豆が切れてたりするとがっかりする。

実家では、なぜかコーヒーだけは「おい、コーヒーいれてやってもいいぞ」という言葉とともに父親がいれてくれる。

こういうとき「別にいれてやってくれなくてもいい」とかいう反応をしなくなっただけでも、大人になった価値はある。

たぶん秘伝ブレンドの勝利。
そして、いったいいくつで大人になったんだか。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。