So-net無料ブログ作成

かな入力の悲劇 [Diary]

また「よろしくおねがいもうしあげまする」とメールに書いて送ってしまうという悲劇。

意味がわからない人のために:
わたしJISかな入力なんですよ。で、かな入力だと読点、つまり「。」って、「シフト+る」って打つんですよ(お手持ちのキーボード見てね)。
kanaeky.jpeg

で、何かの拍子にシフトキーを空振りすると、上のような文章ができる。だいたい年に2〜3回くらい発生します。

ま、この間違いのいいところは、誰に送っても(社内のエライ人に対してもクライアントに対してもやったけど)、だいたい必ず大受けしてくれるところだ(喜劇だ)。



とかいう話をすると必ず「かな入力は効率悪いからローマ字入力練習したほうがいいよ」と忠告してくれる人がいるけど、無理です。これまで何回となくローマ字入力に挑戦したけど、無理です。

もう脳の中にかな入力の回路が形成されてしまっていて、ローマ字で入力していても一瞬気を抜いただけで手がかな入力してしまって、気がつくと2行くらい意味不明の言語が並んでいる。で、何度目かの挑戦で諦めたんです。

** 嫌味開始 **
それでもしつこく勧める人に限って、ローマ字入力がそんなに速いわけじゃないというのも不思議。効率が悪いというのは確かだけど、それでも「そんなに速くないローマ字入力」と比べれば倍以上は速いと思うぜ。
** 嫌味終了 **

とはいえ、かな入力をマスターしてしまったのは自分の人生の三大失敗のひとつだと思っている。

どうしてそんなことになってしまったかというと、大学二年生のとき初めてワープロ(専用機)を買ったときに、当時近所の書店で売られていたカナタイプの教則本(!)で練習しちゃったから。

当時、日本語はローマ字で入力するべきだと教えてくれる人がだれもいなかったかわりに、正しいタイピングのためにはちゃんとした教則本で練習するべきだと教えてくれる人がいたから。それで2週間特訓して、完全なブランドタッチになっちゃった。

その後何かの本に「JISかな入力ではブラインドタッチは不可能だ」と書いてあるのを見つけて、自分は不可能を可能にしたのかと思ってぶっ飛んだけど。世の中には意外にたくさんのかな入力派の人がいると知ったのはもっとずっと後のこと。



ちなみに三大失敗のうち他の2つは、いずれも恋愛がらみです。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。