So-net無料ブログ作成

中心(の人)と周縁(の人) [Thoughts]

周縁の人は、たとえ属している集団にそれなりの愛着を感じていたとしても、中心の人が「みんなで○○しよう!」と音頭をとった瞬間に心が離れてしまう。

※しかしそのことを表現しない。

中心の人は、みんながひとつになるそのタイミングで離れていく周縁の人の存在によって傷ついている。

※しかしそのことを表現しない。

周縁の人は、自分にとって大切な物ごとが中心の人にとって取るに足りないものであることを、あるいは単に眼中に入らないことをよく知っている。

※しかしそのことを表現しない。

中心の人は、中心であるが故の期待とプレッシャーに耐え、また努力を払っている。誰もが自分と同じように努力しないことを不思議に思い、もどかしく思い、ある場合には不愉快にも思っている。

※しかしそのことを表現しない。

中心の人と周縁の人は、お互いの心の痛みに想像が及ばない。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。