So-net無料ブログ作成

私的・iMandalArtに望むこと [マンダラート]

※以下「マンダラート」という表記は今泉浩晃氏が開発した手法を、「iMandalArt」という表記はiPhone/iPad版のアプリを指します※

※2015/09/18追記:
この記事はiOSアプリ「iMandalArt(アイマンダラート)」についてのものです。「iMandalArt」は現在販売を終了し、現在は「MandalArt(マンダラート)」という別のアプリが提供されています(まぎらわしいですが…)。現アプリではインターフェイスは大きく改訂されて、この記事で指摘した問題は解消されていると感じます。


「マンダラート手帖」の時代からiPhone版のiMandalArtまでずっとマンダラートを使い続けてきて、マンダラートの素晴らしさはよくわかってるつもりだし、そのほんの一部はこのブログにも書いたことがある(→マンダラートのスパルタンな魅力)

でも、一方で何人もの人にマンダラートを勧めてきたけど、ずっと使い続けているという人を個人的に知らないし、正直に言って自分自身、何度も離れては戻りを繰り返している(まったく使わなくなることはないけど、例えばコンスタントに使い続ける時期と、必要があるときだけ使う時期がある)。

その理由がなぜなのかずっと考えてきたんだけど、大きな要因のひとつは、マンダラからこぼれてしまったセルの扱いががうまくいかないことにあると思う。具体的には、マンダラの中に位置づけられていないニュートラルなセルの扱い方。

そしてこれはマンダラートの本質的な問題とは違う、インターフェイス上の話だと思うので、個人的には(アプリとしての)iMandalArtの最大の課題なんじゃないかと思っている。



長い間この問題をうまく言えなくてもやもやしてたんだけど、GTDと比較することで言葉にできるようになったといえるかもしれない。

GTDをすごく簡略化していうと、人生で降りかかってくるいろんなことを、まずはニュートラルな入れ場所に全て書き出し(キャプチャー)、降りかかってくる全てを覚えておかなければならないという心理的な負担を減らす。キャプチャーした内容は、後からまとめて実行可能なコンテクスト(家、職場、PC、電話、出先などなど)用のリストに振り分け、自分がそのコンテクストにあるときに順次実行していく。

GTDには様々な要素があるけど、デビッド・アレンが「バケット=バケツ」と呼び、一般的なGTDアプリでは「受信箱」と呼ばれることの多いこの「ニュートラルな入れ場所」の存在は、最大のキモのひとつだ(これだけだ簡略化しすぎで語弊があるんで、詳細はこちらを参照)。

で、iMandalArtにはこのバケット/受信箱に該当するものがない。そのため、降りかかってくるいろんなことをどんどん取り込んでいくと、中途半端なマンダラが適切でない場所に滞留してしまい、放っておくと処理できずにパンクする。その整理に心理的・物理的負担がかかる。

手帖時代から同じ問題はあったけど、最新のマンダラートであるiPhone版のiMandalArtになっても本質的には変わっていない(iPad版のiMandalArt HDは使用した経験はないので、念のため)。そして「物ごとが降りかかってくる」量とスピードは、マンダラートが誕生した80年代よりはるかに多く・速くなっている。



Palm版マンダラートのver.2でGet-Manda-Laというある種GTDアプリ的なアプローチが導入され、今のiMandalArtにも受け継がれている。

新しいマンダラは全てGet画面で作られ、管理される。Getでランダムに作られたマンダラの中で、今現在取り組んでいるものをLaの画面に読み込んで作業する。あるいはManda画面にある様々な人生の局面にセットする。

ここでは一見Get画面がバケット/受信箱になっているようにみえる。でも問題は、Get画面が「マンダラ」が生まれ、管理をする場所と位置づけられていることだ。

少なくとも自分の使い方では、生まれてきて、あるいは降りかかってきてキャプチャーされるのは「マンダラ」ではなく「セル」だ。つまりまだマンダラを形成していないマンダラの「種」みたいなものだ。セルが分裂したりくっつきあったりして、はじめてマンダラが生まれるのだ。

Get画面で生まれたばかりの「セル」は、最終的に「中心セル」としてひとつのマンダラを形成するのか、中心セルの周囲を取り囲む「周辺セル」になるのか、あるいは周辺セルをさらにブレークダウンしたセルになるのか、その時点ではわからない、ニュートラルな存在だ。

しかし、今のiMandalArtでは、Get画面のファイルセルの階層にマンダラの中心セルが来るように常に意識していなければならない(ファイルセルの階層しかLa画面には読み込めないから)。

ということはつまり、書き出したセルのどれが「中心セル」になるのか常に意識していなければならないということだ。これでは、ランダムに書き出した内容を眺めながら「これは要するにどういうことなのか?」考えるときにとても不自由だ。

見出しと本文を分けるタイプのアウトライナーが、考えながら文章を書く道具として不自由なのと同じ理由だ(→このあたりに興味のある方は、こちらで議論してるので興味のある方は参照してね)。



私見だけど、この種のまだマンダラの中に位置づけられていない独立したセルは、リニアなリスト形式で表示されるべきだと思う。

マンダラートは一貫して「リニアであること」を否定してきたけれど、たくさんの断片(素材)中からスキャンするときはリニアの方がいい。「リニアは序列を生み出してしまう」というのは紙の上でのことであり、画面の上を高速スクロールするリストのコンテンツは、リニアに並んではいても序列はない。むしろ階層という枠がはまっていない分、自由だ。

最初に生まれるマンダラの「種」=セルは、リニアなリスト上にニュートラルにため込んでおき、必要に応じてどのマンダラのどのセルにも読み込んでこられるというのが、個人的理想なのだけど。
コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 2

kk

私も手帳の時代から使っていました。
確かに、入りきらない「セル」の処理に困りまして、
「マンダラからこぼれてしまったセルの扱いががうまくいかないことにあると思う」というのは重要な指摘だと思います。

何かを削るのがデザイナーの仕事だと思い、今泉さんのその思想があるから、マンダラートはマインドマップより何倍もスタイリッシュで美しいのだと思いますが、デザイナーでない私には、同じように入りきらないセルが生じてしまい、結果めんどくさくてもっとゆるゆるのマインドマップに逃げてしまいます。

by kk (2012-01-07 00:00) 

Tak.

kkさん>
コメントありがとうございます。
いろいろ問題はあっても
離れることができないのは
あの「美しさ」のせいかもしれません。
個人的には、リフィルさえ入手できれば、
あの手帖をもう一度使いたいんですよね。
by Tak. (2012-01-08 08:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0