So-net無料ブログ作成

2012年。 [Diary]

個人的に、2011年ほど「優先順位」とか「生産性」とかいう言葉を空しく感じたことはなかったけど(世の中全体からみても身の回りのことからみても)、相変わらずその手の言葉が飛び交っている。きっと今年も飛び交うだろう。

その中で、レオ・バボータの「フォーカス」を訳したことは自分としてはすごく大きな経験だった。

まず、その内容は「優先順位」とか「生産性」が意味をなさないような時代のガイドラインとして、とても共感できるものだった。

そして私事にはなるけど、月の残業時間がコンスタントに100時間を超える状況で、(さほど長くないとはいえ)本一冊分のテキストを訳しきれたというのは、とても自信になった。ささやかだけど。

レオの主張に対して「非現実的だ」とか「理想主義的だ」という批判もあるみたいだけど(言いたいことはわかる)、この「フォーカス」の訳ができたこと自体がまさに「フォーカス」の考え方の正しさを証明してると思う。

だから「何かしたいけど忙しくて時間がない」と思ってる人(おそらく大多数の人)には、ぜひ「フォーカス」を読んで欲しいと思う。無料だしね。

そんなわけで、2012年もまったく2011年と変わらない方針で。「結果的に」何ができるかは、自分でもまったく予想がつかないけど。

あ、そして決して多くはないけどいつも読んでくださっている方、ありがとうございます。今年もよろしくお願いします。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0