So-net無料ブログ作成

スルーする基準 [Diary]

膨大な量のメールをいかに効率的に処理するか、みたいな話をしてるときに思い浮かべる受信箱の未読メールの列って、行列している群衆みたいな感じがする。

でも、群衆も分解してみればひとりひとりの生活と感情を持った個人になるように、受信箱にたまったメールのその一通一通は誰か個人が書いたものであり、その背後には必要性があって感情がある。

「入ってくるメール全てにきちんと対応することなんてとてもできない」という正論(正論!)がある一方で、「対応できない」方に分類されたメールは当事者からすれば必要性があって、あるいは背景となる感情があって送ったメッセージを「スルー」されたことになる。つまり「無視」ですね。

そのことを意識しておくのって、けっこう大事かもしれない。

で、何を「スルー」して何を「スルー」しないかという判断基準は、効率とか処理とかスキルとかハックとかの問題ではなく、生き方の問題だ。

ということを、ずーっと年下の同僚たちに教えられた。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。