So-net無料ブログ作成

気持ちいい方の道 [Diary]

金曜日はひとつ朝から決めてたことがあって、それは目の前に「近い道」と「気持ちいい道」があって迷ったら、無条件で「気持ちいい道」の方を選ぶということ。

だから朝は近道の地下道ではなく、猫のいる緑道の方を通り、コンビニでパンを買うかわりにスタバでマフィンを食べた。

お昼はコンビニで買ってくるかわりに、たまたまランチに誘ってくれた後輩といっしょに一時間かけて玄米ごはんと煮魚の定食を食べた(少し時間オーバーした)。

クライアントでの打ち合わせが終わった後、まっすぐに帰らずクライアントの敷地の中のちょっと公園みたいになってるところをぐるっと一周して帰った。

職場に戻る電車は時間がかかるけど座れる方の電車を選んだ。ついでに職場に戻る前にもう一回スタバに入って一息ついた。

というような小さなことなんだけど、やってみて改めて気づいたこと・自覚したことが三つ。

一つ目は、普段の平日はほとんどの場合、逆の選択をしているということ。

二つ目は、そのたびに少しだけ無理をしていること。その少しだけの無理を繰り返すことが、実は肉体的にも精神的にも決して無視できない影響を与えているということ。

そして三つ目は、意図的に気持ちのいい(=時間がかかる)選択をしても、別に悪いことは何も起こらなかったということ。



で、結論は「気持ちのいい方の道」を選んだ方がいいということ。

考えてみたら、気持ちのいい道を選ぶことが確実に悪い結果につながるような場面では、そもそも迷うことはないはず。

だから迷ったら気持ちのいい方を選ぶというのは、たぶん合理的な考え方だ。
コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 2

atsuron

気持ちのいい選択をしても、別に悪いことは何も起こらなかった、という言葉に押されて、自分も試してみました。

そしたら悪いことがおこらないだけじゃなくて、素敵なことがおこったりして。

合理的、という言葉だけではいい表せない、なんとも素敵な気持ちでした。
by atsuron (2012-06-20 12:11) 

Tak.

atsuronさん
ありがとうございます。
ブログ読ませていただいてます!
by Tak. (2012-06-21 00:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0