So-net無料ブログ作成

結婚論序説(みたいな) [Thoughts]

30才をすぎると、いろんな人から結婚しないのかとか早く結婚しろだとか言われるけど、これという人に会わないんですよねー。

という話を、仕事の合間にお昼を食べながら同僚(未婚・女子・32才)がしみじみとしていて、そのときの仕事の状況的には結婚論を語っている場合では全くなかったのだが、そういうときに限ってそんな話をしたくなるわけじゃないですか。

で、自分は恋愛とか結婚とかに関して他人様に何か言えるような立場でもないし、何か有益なことが言えるような経験値も全くないけど、それでもひとつ言えるのは、ちゃんと生きていて、条件をつけず、自分や相手のことを決めつけず、可能性を否定せず、他人の言うことを鵜呑みにせず、期限を設けず、心を開いていれば、正しい相手に巡り会ったときには絶対にわかる、ということ。

そして結婚してからもその姿勢を保てば、少なくともそうしないよりはうまくいく可能性が高い、ということも。

その考え方はあまりにナイーブだ、現実の結婚はそんなものではないという人は、そういう発想の方がもしかしたらもっとナイーブなのかもしれない、という可能性を真剣に検討してみよう。

現実は厳しいなんて、世界でいちばん当たり前のことなんだから。

あと、自分が経験する前からそう言ってる人(だって結婚してる友だちはみんなそう言ってるし、的な)は単なる耳年増ですから。



「今は昔と違って自由に恋愛したり結婚したりできるようになったはずなのに、どうしてみんなもっと自由に恋愛したり結婚したりしないんだろう」(今週の妻の名言より)
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。