So-net無料ブログ作成

今伝えなければならないこと今伝え、今言わなければならないことを今言う [Thoughts]

これは「冬のどどんが団」のマンナカさんが、団員ブログに書いていた言葉。

(「冬のどどんが団」は、南町田を拠点に活動する和太鼓グループ。ぼくは勝手に「非公式ファンクラブ」会長です)。

最初に読んだときはそうでもなかったけど、時間がたつにつれて、実はこれって人生で五本指に入るくらい大事なことかもしれない、という気がしてきた。

特に人と関わるときにはね。

身近でいくつか目にした、後戻りできない地点まで行ってしまったのかもしれない人間関係たちのことを、ずっと考えていたせいもあるかもしれない。

必要なときに伝えるべきことを伝え、言葉にするべきことを言葉にしていたら、もしかしたらこんなところまで来なくても済んだのかもしれない人間関係。

伝えることを躊躇していたのか。
まだ大丈夫と思っていたのか。
面倒くさかったのか。
照れくさかったのか。
語彙が足りなかったのか。
伝えなくても伝わると思っていたのか。

言葉にするということは想像以上にしんどいことだ。特に関係が近いほど。そして積み重ねた時間が長いほど。

でも思うんだけど、人との関係って、言葉そのものなのだ。積み重ねてきた言葉そのものと、なんとか言葉にしようともがいた時間。「言葉がいらない間柄」なんて大嘘だぜ。

「言葉にしないと伝わらないことがある。言葉にすると誤解されることがある。けれど言葉にしなければ始まらない!」

うむ。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0