So-net無料ブログ作成

レオ・バボータ「子どもたちが身につけるべき9つのスキル」 [レオ・バボータ関連]

「子どもたちが身につけるべき9つのスキル」を公開しました。レオ・バボータ「9 Essential Skills Kids Should Learn」の日本語訳です。

少し前の記事だけど、子どもにとって学校っていったい何なんだろうとずっと考えていたところだったから(今のニュースを見てたら考えないわけにいかない)、この機会にということで。今の日本の学校の問題と直接関係ないように思えるかもしれないけど、たぶんそんなことはない、気がする。
今日の学校制度の中で学ぶ子どもたちは、明日の世界に生きるための準備が充分にできてはいない。

私は企業の世界から行政の世界へ、そして絶えず変わり続けるオンラインの世界へと移ってきた人間だ。だから昨日までの世界のあり方がいかに急速に時代に合わなくなってきているか知っている。私は新聞業界で修行したのだが、そこでは誰もが自分たちは永久に時代遅れになることはないと信じていた。しかし今、新聞は馬車と同じ運命を辿るだろうと私は考えている。

残念なことに、私が教育を受けた学校制度は、はやりすたりによる些細な変化を除けば、世界は本質的に普遍であるという前提に立っていた。私たちは、2000年代に何が起こり得るかではなく、1980年代に最も必要とされる仕事を前提にした技能の訓練を受けたのだ。

20年後の生活がどんなふうになっているかなど、誰も本当には知り得ないということを考えれば、それもわからないではない。1980年代のことを考えてみよう。パーソナル・コンピューターはまだ生まれたばかり、ファクスが最先端のコミュニケーション・テクノロジーで、今日私たちが知るようなインターネットは、ウィリアム・ギブソンのような空想科学小説作家の夢でしかなかった時代だ。

世界が自分に何をもたらそうとしているかなど、私たちには知りようがなかったのだ。

そして、ここにひとつの事実がある。今も私たちは知らないままなのだ。永久にそうなのだ。私たちが未来をうまく予測できた試しはない。だから、将来についてわかっているかのように子どもたちを育て、教育することは、賢明とは言えない。
全文を読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。