So-net無料ブログ作成

ビル・ゲイツがデイブ・ワイナーを買わなかった話 [アウトライナー]

ぼくを本格的にアウトライナーフリークにしてしまったのは、奥出直人さんの「思考のエンジン」「物書きがコンピュータに出会うとき」だけど、そこで紹介されたアウトライナー(マック用のMORE、IBM互換機用のGrandView)は、いずれもかつてデイブ・ワイナーが経営していたリビング・ビデオテキスト社の製品だ。

結局、ぼくが思うアウトライナーの基準を作り上げたのはワイナーなんだよね。

で、かつてリビング・ビデオテキスト社はもう少しのところでマイクロソフトに買収されるところだったらしい。

MOREはアウトライナーとしての機能の他に、アウトラインをプレゼンテーション用のスライドに変換する機能を持っていた。つまり、今日のプレゼンテーションソフトの元祖(のひとつ)でもあった。

ビル・ゲイツはその機能を手に入れるために、ワイナーに買収話を持ちかけた。

ワイナーも乗り気だったが、話が決まる寸前でマイクロソフトはもう一つのプレゼンソフトを作っていたベンダー、フォアソート社の買収に乗り換えた。そのもう一つのプレゼンソフトというのが、パワーポイントだ。

ぼくがパワーポイントを好きじゃないのは誰もが知ってると思うけど(知らないか)、もしマイクロソフトが手に入れたのがMOREだったとしたら……。今頃は日々本物のアウトライナーで仕事ができていたのかもしれない。

以下は、その経緯をワイナー自身がScripting Newsに書いたものの日本語訳。原文には、マイクロソフトが買収を最終的に断ってきた手紙の写真が載っている(差出人はジョン・シャーリー)。よく考えてみると、とんでもなく貴重なものだよな。→原文はこちら
1987年、私の会社リビング・ビデオテキストにはMOREというヒット商品があった。MOREはその前年に発売され、当時のマックプラットフォームの中で売れている数少ない商品だった。MOREは、私たちがデスクトップ・プレゼンテーションと読んでいた新しい製品カテゴリーをリードしていた。そして、そのカテゴリーに属するもう一つの商品が、フォアソートという会社が販売する「パワーポイント」だった。

1987年、エステル・ダイソン(Esther Dyson)主催の会議で私はビル・ゲイツと会った。そこで彼は、開発者なら誰もが耳にしたい言葉を口にした——「君の会社を買収することは可能だろうか?」。もちろん、と私は答えた。私たちは交渉を始めた。買収価格で合意し、適正調査が開始された。しかしその後、マイクロソフトのCFO(最高財務責任者)だったフランク・ゴーデットから手紙が、ゲイツから電話があり、取引はやめることにしたと言われた。彼らは競合であるパワーポイントを買うことにしたのだ。

私は全面的に取引を望んでいた。1987年のマイクロソフトは上場したてのホヤホヤだった。取引は株式に関するものであり、その価値は彼らが熟考している間に二倍になっていた。私は取引を進めてほしいという、基本的には懇願する内容の手紙を彼らに送った。送り返されてきたのが、ここに示した断りの手紙だった。パワーポイントは誰もが知っている名前になり、MOREもそこそこがんばった。それでも、私はマイクロソフトにいた方が楽しく過ごせたような気がする。そして、間違いなくもっと金持ちになっていただろう。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0