So-net無料ブログ作成

「ゆうき」を出す方法 [Diary]

あるブログで、子どもに「パパ、勇気ってどうやって出すの?」と聞かれてすごく困ったという話を読んだ。で、自分だったらなんて答える? とTomo.さんに聞かれて以来、心に引っかかっている。

ブログを書いたそのお父さんの答えはとっても誠実だと思うけど、自分だったらなんて答えるだろう。



「ゆうき」を出すための方法なんかない。

でも「ゆうき」を出すのは難しいことじゃない。「あい」があれば「ゆうき」は自然に出る。

「あい」するひとを思い浮かべる。「あい」するひとを失わないためなら「ゆうき」ぐらい簡単に出る。

逆に「あい」と無関係な「ゆうき」は、たいてい「ゆうき」ではなく何か別のものだ。世の中には「ゆうき」のように見えて「ゆうき」じゃないものがたくさんある。

自分だったらそんなふうに答えると思う。だけど、答えたあとで一週間くらい悶々としたあげく、付け加えるような気がする。



たとえばいつか時代が変わって、全ての男の子が(あるいは女の子だって)「あい」するひとたちを守るために「せんそう」に行かなければならなくなるかもしれない。

そのための「ゆうき」を身につけるよう求められるかもしれない。

何も本当の「せんそう」ばかりじゃないよ。「せんそう」でなくても、世の中には「せんそう」みたいな物ごとがたくさんある。

だけど考えてみてほしい。「せんそう」に行くことは本当に「ゆうき」なのかな?

「あい」を基準にして考えてみたら、「せんそう」に行くことが「ゆうき」なのではなく、「せんそう」から逃げることが「ゆうき」なのかもしれない。

そして「せんそう」から逃げることは「せんそう」に行くこと以上に「ゆうき」が必要なことかもしれない。

あるいは、それでもやっぱり「せんそう」に行くことが「ゆうき」なのかもしれない。

それはそのときになってみないとわからない。いや、もしかしたらそのときになってみてもわからないかもしれない。

だけど確実に言えることは、何が「ゆうき」なのかは自分で決めなければいけないということだ。

世の中には「ゆうき」のように見えて「ゆうき」じゃないものがたくさんある。これが「ゆうき」だとみんなが言っていても、本当にそうだとは限らない。

「あい」と無関係な「ゆうき」は、たいてい「ゆうき」ではなく何か別のものだ。そして何が「あい」なのか決められるのは、世界中で自分だけだ。



自分に「こそだて」は難しそうだ。
コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 2

tositaka

> 自分に「こそだて」は難しそうだ。
でもこがいれば、「こそだて」からにげられない。まちがっていようともただしくとも、そのときはそれがじぶんにとってせいいっぱいのこと。「こそだて」は、こがおやをそだてていくことにもなってくる。
by tositaka (2012-09-30 10:57) 

Tak.

>tositakaさん
そのとおりです。
by Tak. (2012-09-30 11:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0