So-net無料ブログ作成

今主張していることなんて簡単に反転してしまうものだ [Diary]

何かを主張しようとするとき、あるいは誰かを説得しようとするとき、アウトライナーを使って筋書きを考えることがある。

でも、そんな(不純な)目的でアウトラインの細部を詰めれば詰めるほど、自分の浅はかな論理なんかいくらでも変化してしまうことに、そして浅はかな結論なんかいとも簡単に反転してしまうことに気づかされる。

アウトライナー上のアウトラインはプロセス(過程)であり、常に流動的なんだ、と自分でさんざん言ってるにもかかわらず、そういうことがあるたびにショックを受ける。

今週も、そうだった。

こういうことがあるたびに、「一貫性がある」とか「スジが通っている」とか「ブレない」とか、一般的には褒め言葉と思われている、そんなあり方に本当に価値があるのか、疑わしくなってくる。

本当に真剣に何かを考えたら、一貫しない方が 、スジが通らない方が、ブレる方が当然だし誠実なんじゃないかと思う。

もちろん現実世界でいつまでもアウトラインを組み替えてるわけにはいかない。どこかで論理や結論を「固定」しなきゃいけない。そしてそれを(自信を持って、論理的に)主張しなきゃいけない。

だけど、今主張していることなんて簡単に反転してしまうものだということは、頭に置いておいた方がいい。

きっと、その方が後悔しない。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0