So-net無料ブログ作成

抑制のないフリーライティング [Thoughts]

フリーライティングは、文章を書こうとして書くことが見つからないときにとても便利なものだけど、たまに自分のためだけにやってみる。

人に見せることを前提としない、一切の抑制のないフリーライティング。

テーマを絞らず、意味のある文章を書くことも目的とせず、整合性も妥当性もスタイルも一貫性も顧みず、ただ頭に浮かぶことを流れ出るままに書く。

条件は、一定時間内は書くことを止めないこと。「何か」を書き続けること。手を止めないこと。

ただし意味のない文字の羅列ではダメ。目的はなくても、日本語として意味の通る何かを書く。

どうしても何も書けないのなら「どうしても何も書けない」と書けばいい。
「なんでこんなことをしてるんだろう」でもいい。

不思議なもので、とにかく手を動かしていると「何か」が出てくる。ひとつ出てくれば後はずるずるとつながって出てくることが多い。

そんなことをして何の意味があるのか。

あんまり意味がないこともある。ただ意味のない文章の断片が書き付けられたテキストファイルやノートが残るだけのこともある。

でも、何回かに一度、何かのきっかけでスイッチが入ることがある。止まらなくなることがある。そんなときは、書けるだけ書く。自然に手が止まるまで。

意識するのは「抑制しないこと」だけだ。



抑制のないフリーライティングは、自分の中のいろんなものを見せつけてくれる。

失くしてしまったものも。
実は持っていたものも。
嘘も矛盾も正直さも。
認めたくない醜さや狡さも。
気づいていなかった欲望も。
大事にしていたのにそれほどでもなかったものも。
無意識に願い続けてきたことも。
意外なほどに美しいものも。
眠っていた物語も。
どこまでも行っても超えることのできない境界線も。

それを目の当たりにするという体験は、「人生経験」のひとつやふたつ積むことに匹敵するくらいの重みがある、かもしれない。



あ、そして副産物として、普通に人に見せるための文章のネタの2つ3つくらい。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0