So-net無料ブログ作成

人生の初心者 [Thoughts]

当たり前のことだけど、人生の中で人はいつまでたっても初心者だ。

どれほど大人になっても、あるいは経験を積んでも、たとえば47歳の自分を体験することは初めてだからだ。

文字どおりの意味で、なんの誇張もなく、人生を前にすれば人は常にそして永遠に初心者だ。

読んだことのない本は無数にある。
読んだことがある本を読んだ自分は今の自分と別の自分だ。
勉強するほど知らないことが増えてくる。
積んだ場数は狭い世界だ。
はじめて書く文章は書いたことがない。
はじめて会う人とは会ったことがない。
知っているあの人は自分の目を通したあの人にすぎない。
(わたし)は(あなた)を知らない。

初心者であり続けられるというのは、素晴らしいことのはずだ。少なくとも「自分は既に多くを知っている」と思っている人より幸福なはずだ、と思う。

それでも、初心者であることの怖さは年々増してくる。

なぜだろう。
やり直す時間が減ってくるからだろうか。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0