So-net無料ブログ作成

よろしくです。 [Diary]

鎌倉駅西口を出て、紀伊国屋の前の信号を右に曲がり、北鎌倉方向にまっすぐ歩いていくと、右側に今にも倒れそうな感じのペンキ塗りの小屋があって、アンティークの雑貨や小物を売っています。「GARAGE」というお店で、若い女性がひとりでやっています(以前、稲村ケ崎の「R」というお店で働いてた方のようです)。

確か2、3年前、ごはん食べた後、ぷらぷら散歩してる途中でTomo.さんが見つけたんだけど、ぼくひとりだったら、とてもそれが店だとは気づかない。たぶん、元は民家だと思うんだけど、台風や地震のときにふと「大丈夫かな?」と思い出すような傾きかげんです。でも、その後何回か台風が来たけど健在なので、たぶん大丈夫なんでしょう。

通るたびに(開いていたら)のぞくんだけど、残念ながらまだ何かを買ったことはありません。
でも、このお店の雰囲気、けっこう好きです。空間としてもいいけど、経営者の女の人が終始奥にいて、ほとんど顔がみえなくて、でもちゃんとそこにいる感じとか。けっこう雑然としているようで、割に計算されている感じとか。

個人のお店って、たぶん(言葉と同じで)その人の人格がそのまま現れるようなところがあります。たぶん、「こういう人」がお店をやってるんだなあ、という感じが伝わってきます。

この間(27日)、例によってお昼ごはん食べた後で前を通りがかったら、お店は閉まっていて、こんな張り紙がしてありました。
「12/26−1/6までCLOSEです。よろしくです。」

この「よろしくです」が、すごい気に入りました(笑)。無造作で投げ出やりな感じといい、言葉が少ない感じといい、でもどこかかわいい感じといい、たぶん、この人は「そういう人」なんだなあ、と思います。

ここに「誠に勝手ながら、何卒宜しくお願い申し上げます」とか書いてあったら、やっぱりそれは伝わってこない。

「よろしくです」はどうもこの人の口癖みたいで、ブログでも連発されています。
ブログも言葉が少なくて、いい感じです(笑)。

そんなわけで、うちでも今「よろしくです」が流行っています。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夜のハムエッグ [Diary]

「朝ごはんのハムエッグはいいけど、晩ご飯のハムエッグはさみしい」説(by職場の上司)について。

以前うちの近くにあった定食屋さんには「ハムエッグ定食」がありました。ハムエッグ(卵1個、ハム2枚)、付け合わせのレタス2枚、みそ汁、ご飯で400円。トンカツ定食、ハンバーグ定食、しょうが焼定食、野菜炒め定食、コロッケ定食……のいちばん末席に位置するメニューです。

当時、ぼくは週に1回くらいの割合でその定食屋さんに通っていました。そこでいつも見かける常連のおじさんは、必ず「ハムエッグ定食」を食べていました。

おじさんは、ハムエッグ定食といっしょに必ず生ビールを注文します。
ハムエッグが出てくると、おじさんはまずハムを肴に、生ビールを飲みます。レタスにも塩を少し振って食べます。ハムとレタスがなくなるのと、ビールがなくなるのとだいたい同時です。

ビールがなくなると、おもむろに目玉焼きをごはんの上にのっけて、黄身をちょいちょいと崩し、その上にしょうゆを3滴くらいたらします。そしてかっかっかって感じで食べます。とてもおいしそうにみえます。

おじさんはどう見ても裕福そうには見えなかったけど、それはそれで豊かな生活じゃないかなあ、という気がします。そういう種類の豊かさって、わりに重要だと思う。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

愛の街♥ [Diary]

今日は大きな声で愛の国や憂いの国について説くスピーカー付きの黒い車が多いなあ、と同僚と話していて、そうか今日はそういう日だったのか、と気がつきました。特に今日は仕事だったのでほとんど意識してなかった。

で、その中に、他に比べてずいぶんと落ち着いた声の車がいるなあ、こういう愛の国の人もいるんだなあ、と思ってたら、神の御言葉を説く白い車の方でした。そうか、明日はそういう日イブだ。

街にいろんな形の愛があふれる年の瀬。;-)


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

他に何がある? [Diary]

もしも今、街頭インタビューの人に、路上で鼻先にマイクを突きつけられて「急激な景気後退について思うことは?」と質問されたら、いつもみたいに顔を伏せてそそくさと立ち去ったりせず、カメラを見て、「好きな誰かとか、昔好きだった誰かとかが、このことで辛い目にあっていませんように。つまんないことを聞くな」と答えてやろう。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ビジョン [Diary]

世界の平和。
世界の平和

他人のクリスマスツリー [Diary]

この時期、ちょっと大きめの駅前やイベント広場なんかだと、必ずイルミネーションをしてます(そのうちの65%くらいには「スターライトなんとか」という名前がついています)。

一時期ほどじゃなくなりましたが、普通の家でも、ご近所同士でイルミネーションを競い合ってるようなこともあります。

ぼくが好きなのは、そういう「見せるためのイルミネーション」じゃなくて、「他人のクリスマスツリー」です。

クリスマス近く、夜の住宅街を歩いていて、とても寒くて息が白くて、誰か知らない家の窓越しに飾りつけられたツリーが光っていて、家の中はとても暖かそうで、その、少し寂しいような懐かしいようなシチュエーション。

ひとりであればもちろん、たとえ隣に好きな人がいたとしても、やっぱり何か寂しいのです。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

正しく歳をとってる部分 [Diary]

「若い人たちが……」という言葉を使っている自分を発見しました。
それもごく自然に。
で、それは(予想に反して)そんなに悪い感じがするものじゃなかったです。
自分の中の、正しい歳の取り方をしている部分。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東方神起さん(2) [Diary]

東方神起の日本語歌詞が日本人よりうまくビートに乗っていると思うのは、
たとえば「君はもう」が、とても自然に「kim-mi-wa-nmo-wo」となるところ。
たぶん、韓国語固有の発音からもきてると思う。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

言葉がやってくる [Diary]

夜がやってくる
言葉がやってくる
とても深く
誰にも見えない
(不明)


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バイオレント・サイド [Diary]

宴会の余興の「性格診断」では、ぼくは「表面的な攻撃性を持つ」らしい。あはは。
他人の単なる印象ではまず出てこないであろう「攻撃性」という要素が、ちゃんと入っていたところがなかなかすごい(分析と診断を担当した女の子はとても優秀)。
でも「ある一面」を捉えているからこそ、逆にぜんぜん違うということもあるんだよ。;-)

本日のテーマ曲:"Violent Side" by Neil Young

夜がやって来る
怒りがやって来る
とても深く
誰にも見えない
(私訳)


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感