So-net無料ブログ作成
検索選択

三段階 [Diary]

high
テンション High

medium
テンション Medium

low
テンション Low
タグ:
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

どうかしている [Diary]

仕事からの帰りの電車で、
昨日、今日と二日続けて
寝てもいないのに降りる駅を乗り過ごす。
いったいなにをしていたんでしょう?

「どうかしていたんでしょう」

そうだよね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

傷つけること、救うこと [Thoughts]

「人はただ生きているだけで、けっこうな確率と頻度で人を傷つけてしまう」ということは、オトナならばみな知っていることですが、知ってはいても、ときにその事実には耐えがたいものがあります。

で、耐えがたいときに思い起こす必要があるのは、「人はただ生きているだけで、人を傷つけてしまうのと同じくらいの確率と頻度で人を救ってしまう」という事実であるような気がします。

唐突ですが、「ノルウェイの森」は、そういう話だったんじゃないかと、最近になって思うのです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

iPhone版マンダラート [マンダラート]

銀座Apple Storeで行なわれた、iPhone版マンダラートの発表記念イベントに行ってきました。
もともと、去年の8月にiPhone購入した最大の理由は、「きっとこの上でマンダラートが動くようになる」という確信めいたものがあったから。その通り、間もなくiPhone版マンダラートが登場します。

マンダラートは、デザイナーの今泉浩晃さんが開発した、3×3の9個のマス目(=マンダラ)を使った発想技法とそのツールですが、単に発想という言葉では括れない、ほとんど哲学と言ってもいい奥の深いものです。その理論と手法については、古くから今泉さんの多数の著作があり、ツールとしても手帖、そしてマック版、Windows版、そしてPALM版のソフトが今泉さん自身の手で提供されてきました(現在入手可能なのはWindows版とPALM版です。マンダラートについて詳しくは、今泉さんの主宰するヒロ・アートディレクションズのサイトをご覧ください)。

ぼくはもともと、十数年来のマンダラートユーザーで、今でもマンダラートを使うためだけに、年代物のPALMマシン(ソニーのクリエ)を使い続けてるわけですが、マンダラートについて書くことはなかなか難しくて(アウトライナー以上に)、ほとんど触れたことはなかったと思います。たぶん、一度か二度、しかも単に名称を出しただけで、詳しく書いたことは一度もない。

なのに、実は[マンダラート]+[iPhone]のキーワードで来る方がけっこう多い。同じようiPhoneを購入して待ってた人が、たくさんいたんだろうな。

イベントは、「Life is random.だから人生は“編集”できる。」と題し、今泉氏、Macエバンジェリスト大谷和利氏、そしてソフトの開発を担当したHMDT株式会社の木下誠氏によるトークセッション、そしてプロトタイプのデモ。以下とりあえずイベントをみての感想と情報を書いておきます。
  • アプリの正式名称は「iMandal-Art(アイマンダラート)」であることが発表されました。
  • デモを見た感想。おそらく今までのマンダラートソフトの中ではデザインが最も美しい。特にセルが展開・収束するときのアニメーションが素晴らしい(会場から一瞬ため息がもれたくらい)。また、個人的には今は亡き「マンダラート手帖」を彷彿とさせる真っ赤なスタート画面がツボ。
  • GET-MANDA-LAというPALM版ver.2で導入された概念は、そのまま引き継がれている。ただし、ver.1に較べてわかりづらくなってしまっていたインターフェイスは、かなり改善された印象を受ける。
  • iPhoneならではの新機能として、写真や音声をマンダラにすることができる。
  • 今回のバージョンでは実装されない機能が複数ある。外部からのデータの取り込み・書き出しもそのひとつ。ただし、今後のバージョンアップで検討されるとのこと。
  • 残念ながら、正式な発売日と価格は発表されなかった。その瞬間会場のテンションが一段階下がった。(^^; でも「よほどのことがないかぎり、近日中」とのことだったので、まあ、もう少しの辛抱でしょう。
  • 個人的にはMac版、Windows版にあった、「マンダラをアウトライン表示する機能」がとても欲しいんですが、優先順位はあんまり高くなさそうだなあ。

それにしても、かなりのお歳であるはずの(すいません)今泉さんは、若いです。5、6年前に二度ほどお会いしたことがありますが、そのときの印象とほとんど変わっていない。しつこく、しぶとく、理想を追及する今泉先生は、尊敬する人物のひとりです。

※一部訂正しました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今週の格言 [Diary]

1. 若いとき、可愛いことは権力そのものである。(Tomo.さん)
2. 小心は暴力である。(Tak.)
3. 慣れも暴力である。(Tak.)
4. 全員エレベーターホールで正座!(H.)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

隣の芝生 [Diary]

「Tak.さんは隣の芝生が青く見えないんですか?」(同僚♀)
「見えない」

「隣の芝生」という言葉を聞くたびに、子供の頃住んでいた家を思い出します。そこは、完璧な碁盤の目状の道路に、おもちゃみたいにカラフルで、兄弟みたいにそっくりな家並みが延々と続いている、不思議な街です。それぞれの家に同じような四角い前庭があって、当時はたいてい芝生になっていました(Googleストリートビューをみるかぎり、今はコンクリートになったり砂利が敷いてあったりするみたいです)。

子供がいる家では、芝生に水をやるのは子供の仕事でした。その家には小学校1年生から5年生の途中までの間住んでいたので、ぼくは都合4年半の間芝生に水をやり続けてきたことになります。

そこで学んだことは、隣の芝生は、確かにうちの芝生よりも青く見えるということ。それは当たり前の話で、自分の家の芝生は上から見ているから土が見えるのに対して、隣の家の芝生は横から見ているから青い部分しか見えない。逆に隣から見ると、うちの芝生の方が不思議なくらい青く見える。だから、隣の芝生の青さは幻想だということを、すごくリアルに、身にしみて知ってるのです。

同僚♀の言っていたのは恋愛の話だけど。たぶん恋愛も同じだよ。
タグ:夫婦
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

まちがえた [Diary]

結婚13年だった。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

結婚14年 [Diary]

幸福があり、
失望があり、
絶望があり、
希望があり、
闘いがあり、
愛があり、
爆笑があり、
理不尽があり、
不可解があり、
自信喪失があり、
発見があり、
信頼があり、
理解があり、
愛があり、
努力があり、
我慢があり、
変化があり、
継続があり、
確信があり、
後悔があり、
影響があり、
危機があり、
喜びがあり、
悲しみがあり、
距離があり、
溝があり、
予定があり、
変更があり、
失敗があり、
愛があり、
友情があり、
役割があり、
義務があり、
選択があり、
愛があり、
傲慢があり、
身勝手があり、
落ち度があり、
責任があり、
痛みがあり、
愛があり、
未来がある。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

野菜 [Diary]

vegitable.jpg
タグ:生活
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

職場の言葉 [Diary]

金曜日の飲み会の席で、同じ職場にいながら、今までほとんど言葉を交わしたことのない人と話をする機会があって、その人が、自分と同じようなことを普段から考えていることを知って驚く。そんなことを考えている人間は他にいないと思っていたから。めずらしく「じゃあ、今度改めて飲みにいこう」という話になる。

職場(うちの職場に限らず)で話されている言葉が、いかに「考えていること」とリンクしていないか、ということなんだろうな。

職場行事としての飲み会というものに、ぼくは普段からあんまり(非常に、極めて)積極的でないけど、普段接触のない人と話をする機会としては、確かに意味があるのかもしれない。
タグ:言葉 職場
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感