So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

時間は流れている [Diary]

babyinme.jpeg通勤していると、毎朝同じ時間、同じ場所ですれ違う人がいます。長年のうちに、お互いなんとなく顔を覚えて、だからといって挨拶するわけでもなく、「知らない人」という位置づけのまま、それでもしっかり記憶される。

そのうちに、その人で時間やタイミングを測るようになる。

この人とこの場所ですれ違うようじゃ、遅刻だとか。
この時間にあの人がいないということは、ダイヤが乱れてるんじゃないかとか。
始発電車の列にあの女の人が立ってるから、間に合ったな、とか。

彼女の姿がホームの列の中に見えれば、始発の地下鉄直通に間に合った(=座れる)。見えなければ間に合わなかった(=座れない)。時計よりも正確に、一目で状況把握できるので、毎朝無意識に彼女の姿を探すクセがついてしまいました。

彼女は始発電車の五両目の位置に並び、必ずドアを入って左の席の端に座ります。今の職場に勤めるようになった2004年から全く変わらず。

変わったことといえば、二年ほど前に左手の薬指に指輪がつき、そして最近「BABY in ME」のバッジがバッグについたこと。

変わらないようだけど、時間は確実に流れている。
タグ:時間
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0