So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

説明なんかしてはいけない [Thoughts]

大人なんだから、誰にも遠慮せずに好きなことをすればいいものを、ふと気がつくと、今でも親に対して自分の行動をどう説明しようかと考えてることがある。

「そんなことをしてどうするんだ」とか、「そんなことお前にはできやせん」とか、今でも何かしようとするたびに、どこからかそんな声が聞こえてきて、それに対して心の中で無意識に説得を試みていたりして。

昔、ずっとそうしてきたみたいに。

若い頃って、自分の行動を認めてもらいたいから、その言葉では説明できないはずのことを、つい言葉で説明しようとしてしまう。

だけど大人になってわかるのは、自分がほんの少しは人より秀でていたり、得意だったりすることは、結局自分の好きなことだということだ。そして、そういうことって、往々にして言葉で理由を説明したりはできない。

説明できないことを説明しようとしてはいけない、と気づくまでにずいぶん時間がかかった。その上、未だにその呪縛から逃れられないでいる。

そういうことをするとどうなるかというと、無意識に言葉で説明できるような行動を選ぶようになってしまう。それって、けっこう怖いことなんだよ。と、もし自分に似た人がいたら、言ってあげたい。

だから、そんな架空の両親の声になんか耳を貸してはいけない。説明なんかもしてはいけない。説明なんかせずに、本物の両親には「甘納豆」を買っていこうっと。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0