So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

新年の目標は目標を立てないこと [Diary]

2010年最後の夜も、マック抱えて夫婦でスタバに入りびたり。そして今年最後の食事は吉野家(笑)。でも、たまに食べたら美味しかったです。ちなみに生卵ではなく半熟卵派。

そして、世の中の流れに逆らって(そればっか)今日だけは早く寝るのだ! でも、Ustream中継中のマゼールの「第九」みちゃうかもなあ(昼間の「英雄」はすごく良かった)。

で、今年最後のブログ更新は、絶賛翻訳進行中!のレオ・バボータ「フォーカス」の、今日訳した部分(未公開)から引用。

目標を設定することの最大の問題は、決して満足できないということだ。目標を設定するとは、つまりこういうことだ。「もしこの目標を達成したら(あるいは目標をすべて達成したら)私は幸せになれる。私は今幸せではない。なぜならまだ目標を達成していないからだ」。大きな声で語られることはないが、これが目標というものの本当の意味なのだ。問題は、もし目標を達成しても、私たちは幸せにはなれないということだ。私たちは新たな目標を設定し、新しい何かに向けて邁進するのだ。

多くの人が新しい何かに向けて邁進するのは良いことだと言うが、それはつまり私たちは常に邁進し続けるということであり、残念ながら決して満足できないということなのだ。それは不幸なことだと私は思う――私たちは、今手にしているもので満足することを学ぶべきなのだ。

計画はしない。なぜなら計画は幻想だからだ。1年後あるいは半年後に何が起こるかなどわからない。出来事をコントロールしようと試みることはできるが、そんなことをしてもうまくいかない。常に何かが起こり、それは良いこともあるし悪いこともあるが、いずれにしても計画は崩壊する。私は流れに乗り、計画を乱す出来事についてではなく、今何をするべきかを考えることを学んできた。数ヶ月前に計画したことではなく、計画するなど思いもよらなかった機会を捉えられるようになった。これまで知らなかったようなジャンルの仕事に取り組めるようになった。今、ベストな選択をすることができるようになった。
レオ・バボータ「フォーカス」より

良いお年を。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0