So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

散歩の効用 [Diary]

ここのところ、休みでも遠出をすることがほとんどなくて、変わりに家の近所の住宅街を、延々2人で散歩することが多い。

行き先は特に決めず、曲がり角が来たら好きな方に曲がって、自動販売機で買ったお茶を飲みながら。延々と歩くみたいな。

うちの近所は起伏が多く、その山谷の間を狭くて入り組んだ道が網の目みたいに通っていて、ちょっと歩いただけで方向が全くわからなくなるし、1時間か2時間歩くとかなり疲れるけど、いくら歩いても飽きない。

そうやって歩き回ってると、15年以上住んでいながら、いかにこの街のことを何も知らなかったかということがよくわかる。あるいは知ろうとしなかったことが。

地元の駅を発車してすぐのところに畑のある一角があって、毎朝電車から眺めては歩いてみたいと思ってたんだけど、今日はじめて念願がかなった。

歩いてみると、すぐ近所なのに草の匂いがして鳥の鳴き声がしてなんだか異世界みたいに都会離れした場所(そしてもちろんネコポイントも獲得)。

いつまでこの場所に住んでるかわからないけど、住んでる間にここに来て良かった。ちっちゃなことだけど、たぶんこの種のちっちゃなことの積み重ねって、人生の中で決して小さな存在ではないから。

そんなわけでこれからもしばらく開拓を続けるつもり。

それから、これも最近気づいたのは、会話のためにいちばん適しているのも長い散歩だということ。家にいるよりも、カフェで向かい合うよりも、並んで歩いているときがいちばん話ができる。

ま、5キロくらい住宅街を歩いたところで「そもそもこの時点でモテないよね」と言われたけどさ。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0