So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

第二の故郷 [Diary]

明け方に目が覚めてしまったので、サンフランシスコの昔住んでいたあたりをストリートビューで探索していた。

ストリートビューで見るかぎり、住んでいた家は昔のままそこにある。外壁が白から黄色に塗り替えられてガレージのシャッターが手動式から自動式に変わっているだけ。ただし家の前の芝生だった前庭は土の花壇みたいなものに変わっている。

街は全体的に昔よりもちょっと荒れた印象だけど、三十年以上たっているにしては、びっくりするほど変わっていない(変わっていないから、逆に荒れた感じが目立つとも言える)。

サンフランシスコはアメリカの都市にしては例外的に公共交通機関が発達していて、当時も今もだいたいクルマなしで生活できる。

うちから一ブロック下った角にはバス停があって、一本でダウンタウンまで行ける。マーケット・ストリートでBARTに乗り換えれば、オークランドやバークレーにだってすぐ行ける。

でもバスにもBARTにもひとりで乗ったことはない。治安の比較的良かったサンフランシスコであっても、さすがに小学生がひとりでバスや電車に乗ってあちこち動き回るのは厳しかった。

かわりに自転車では行けるところまで行った。だから近所の細かい道は、父よりも母よりもよく知っている。

家を出て角を曲がり、坂道をずーっと下っていくと通っていた小学校がある。これもいくつか建物は増えてるけど、昔のまま。

そのままさら下り、木のたくさんあるサンセット・ブルバードを渡ると
数ヶ月だけ通っていた中学校(っていうのかな?)。ここは週に一回の日本語学校の場所でもあった。

中学校の隣には小さな図書館。ぼくの図書館愛が始まった場所だけど、これは最近建て替えたみたいで面影は残っていない。

図書館から少し行けば、そこはもう海岸だ。太平洋。

海を右に見ながらグレート・ハイウェイ沿いを(もちろん歩道を)走ると路面電車(今のミュニ・メトロ。当時は末期のPCCカーが走っていたけど、今はイタリア製のかっこいいLRVが走っている)の終点。ここで折り返していく電車をずーっと眺めているのが好きだった。

時間があればさらに海岸沿いを進めば動物園、さらにマーセド湖もあるけど、そこまで行くとちょっと冒険した気分になれる(今あらためてストリートビューで見るとせいぜい数キロなんだけどね)。

このあたりで家に帰ろうと思うけど、どのルートでも帰りはずーっと登り。それも並大抵でない登り。コドモだから帰りのことを考えずどこまでも行ってしまうのね。

夕方、陽も傾いてきて(日本から見ると太平洋は朝日が昇る海だけど、アメリカ西海岸から見ると夕日が沈む海だ)、海岸沿いの道から坂を見上げて「はあ・・」とため息をつく心細い感じをありありと思い出した。

今はストリートビューだから大変じゃないんだけど。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0