So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

アウトライン化したレオ・バボータ「シャットダウンする時間」の翻訳プロセス [アウトライナー]

今日公開したレオ・バボータ「シャットダウンする時間」の、ラフ訳から完成訳までのプロセスを、Fargoを使った実験ブログWord Piece2で公開しました。
http://wordpiece2.smallpict.com/2013/09/21/

こうやって文書の作成プロセスを記録するというのも、アウトライナーの使い方のひとつ。本格的なバージョン管理の代わりにはならないけど、その分気軽に使える。

さらに、Fargoで作ったブログは、アウトラインの階層と折りたたみ/展開機能がブログ上に再現されるので、このようにプロセスをそのまま公開してしまうことも可能。

これは、工夫次第でいろいろ使い道があると思います。
コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 4

タロー

Hagoromo β版が出ましたね。
縦書き↔アウトライン↔横書きがシームレスに変化しながら執筆出来るのが特徴の様です。
自分も使ってみましたが、縦書きのままアウトラインを作成できるのは驚きました。今までなかった気がする。
Wordでさえ、縦書きとアウトラインは多少切り離された機能になっていたから。
まあ、アウトラインの機能・操作はあまりにも……ですが。

by タロー (2013-09-22 09:06) 

gofujita

なるほど。翻訳のプロセスがこんな形で残ると、自分の記録として役立つし、翻訳を勉強したい人にも具体的に参考になりますね。

今まで、Tak. さんがアウトライナーで翻訳作業をしているという話がピンと来ていなかったのですが、その有効性が少し理解できたかも知れません。

これを延長すると、翻訳に限らず、どんな文書でも作文途中の記録をこんな風にとっておき、並べて見ながら、論理と文章を練ることもできるわけですね。思い出すと、ぼくもそういう使い方もしていたときもありましたが、はっきり意識していなかった..。

いや、アウトライナーは奥が深いなあ。
by gofujita (2013-09-22 17:17) 

Tak.

gofujitaさん

おっしゃる通り、翻訳に限らず、プロセスを残しておきたいときにもこの方法は使えるし、多くの人が無意識にやってるんじゃないかと思います。

とはいえ、本気のバージョン管理が必要だったときは、素直にScrivenerを使いましたが。

> いや、アウトライナーは奥が深いなあ。

逆にいえば無理やりにでもアウトライナーを使うことで、いろいろ使い方が見えてくるということもあるかもしれません(これはマンダラートにも言えますね・・・)。

by Tak. (2013-09-23 20:56) 

Tak.

タローさん
はじめまして。コメントありがとうございます。

Hagoromoって、実は知らなかったんですが、あのArtman21さんが出してるんですね。

Jeditは長年愛用してるし、超多機能よりも感触・使用感を優先するポリシーには共感するので、ぜひ試してみたいと思います。

ぼくは個人的には縦書きニーズはないんですが、縦書きマストの人にとっては、縦書きのまま使えるアウトライナーができるというのは朗報だと思います。

縦書きのまま使えるアウトライナーって、昔何かあったような気もしますが、思い出せません。
by Tak. (2013-09-23 21:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0