So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

最後の10%と気合い [Thoughts]

気合いとはひたすら無縁なタイプの自分が言うのもなんだけど、何かを作ろうとするとき、仕上げの最後の10%に必要なものは実は「気合い」だ。

仕事でも文章を書くことでも、「だいたい完成」レベルまでは、工夫と経験次第でかなりの程度システマティックに進めることができる。システムとかハックとかテンプレートとかいうものだ。

でも仕事でいえばだいたいできたところから納品するまで、ブログでいえばだいたい書けたところから公開するまで、プログラム開発でいえばβ版から正式版まで、勉強でいえばだいたい理解したところから完全に身につくまで、その最後の仕上げの10%にいちばん必要なのって、実はプリミティブな「気合い」だ。「気合い」といって不適切ならば「気持ち」あるいは「魂」だ。

そして、できたものの質あるいは魅力は、最後の段階で投入した気合いや気持ちや魂の量と密接に関係している。

気合いや気持ちや魂を、それ以前の段階で無駄に消費しないということにこそ、システムやハックやテンプレートの意義がある。

ということを、お互い忘れないようにしましょうね。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0