So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

キャンドルスティック・パーク [Diary]

野球が大好きだけど、もしかしたら野球以上に好きかもしれないのが野球場。

生まれて初めて行った本物の野球場は、8歳のとき父親に連れていかれたサンフランシスコのキャンドルスティック・パークだった。

当時のサンフランシスコ・ジャイアンツは晩年のウィリー・マッコビーが在籍していたけど(そしてぼくはマッコビーのサインボールを持っていたんだけど)、決して強いチームではなかった。試合も、相手は覚えてないけど)確か負けたと思う。とにかくあんまり印象に残っていない。

印象に残ってるのは、ナイターが終わったあと広大な駐車場から見た夜に浮かびあがる巨大なスタジアムの姿。

当時(70年代末)のアメリカには、ベトナム戦争の傷がまだ残っていて決して元気とは言えなかったはず。だけどスタジアムの巨大さとまばゆい光は、子供心に「アメリカ」の象徴みたいに感じられた。

そしてそれが、間違いなくぼくを「野球場好き」(そして結果的には野球好き)にした原体験だった。

海のすぐそばにあって、ソラマメみたいな不思議な形のスタンドに沿ってサンフランシスコ名物の濃霧と強風が渦を巻く悪名高い球場からジャイアンツが離れたのは2000年。

その後もNFLのサンフランシスコ・フォーティーナイナーズの本拠地として使われ続けてきたけど、2013年シーズンを最後にフォーティーナイナーズも新球場に移転し、キャンドルスティック・パークは解体されることになった。

そんなニュースを目にして、つい思い出話を書いてる場所から見えるのは、日本でいちばん好きな球場、横浜スタジアムです。
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0