So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ある種の痛みの解釈 [Thoughts]

ある出来事に対して、今よりずっと若い頃と同じような結論を出し、同じような行動を取ったとする。

我ながらウンザリするほど昔と変わらないと思いつつ、結果として痛みを感じる場所は、若い頃とはずいぶん違うことに思い至る。

身体の痛みに身体を守るという機能があるとすれば、この種の痛みにはどんな機能が、あるいはどんな意味があるのだろうと思う。

昔と違ってその痛みについて適切に言葉にできる能力を少しは身につけたと思っていたのは、もちろん錯覚だ。

(あるいは、痛みを感じることができるという救い)

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0